JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【初出場の薮田梨花が-4の好プレーで3位と好スタートを切る】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA/Y.Watanabe
関西女子アマチュゴルフ選手権12位で本選手権初出場を果たした薮田梨花(奈良県協会)が4アンダーパーをマークして、3位と好スタートを切った。

「初出場なので、今日は緊張が凄かったです」とホールアウト後の笑顔も引きつり気味だった薮田だが、今日のプレーは堂々たるものだった。「力みがあったせいかドライバーショットが左にミスすることが多くて」とフェアウェイを捉えることは出来なくても、パッティングでスコアメイクする薮田本来のプレーが光った。

2番ではグリーン奥からのアプローチをミスして10メートルのパーパットを残したが、左に曲がるラインを読み切ってこの距離をねじ込んで見せると、7番で残り130
ヤードを8番アイアンで4メートルにつけて初バーディ。9番(パー5)でもスコアを伸ばした薮田は2アンダーパーでハーフターン。後半もショットは荒れながらもパットをことごとく決めてピンチをしのぎ、16番までスコアカード通りのプレー。17番(パー5)で計算通りバーディを奪うと、18番では再び4メートルを決めて連続バーディでフィニッシュした。

「スコアを気にせずにプレーしようと思った」と無欲のプレーが「試合で始めて出ました」という60台のスコアにつながったのかもしれない。初出場で第1ラウンドを上位で終えた薮田だが、「明日もパープレーで回れれば。予選通過を目標に」と浮足立つことなく、まずは当初の目標をクリアすることに専念するつもりだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約