JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【西山美希が-6で単独首位スタート】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
稲見萌寧
2015年度(第57回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は23日、北海道の札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースで第1ラウンドを行った。薄曇りの中でスタートした第1ラウンドは、午後になると風と霧雨が降り、洋芝の難コースがさらに難度を増した。

上位陣は午前スタート組が占める結果となり、7時35分にティーオフした西山美希(小田原GC松田)が7バーディ・1ボギーの6アンダーパーをマークして単独首位に立った。1打差2位には2組目でスタートした稲見萌寧(長太郎CC)、さらに1打差の3位に本選手権初出場の薮田梨花(奈良県協会)、3アンダーパーの4位タイグループには、2013年大会メダリストでランナーアップの
勝みなみ
松原由美、昨年の日本ジュニアゴルフ選手権2位の畑岡奈紗(水戸レイクス)がつけている。

本選手権初優勝の期待がかかる勝みなみ(鹿児島高)はティーショットを林に打ち込むなどショットメイクに苦しみながらも3バーディ・2ボギーの71でホールアウトし、首位と5打差の16位タイ。大会連覇を狙う蛭田みな美(石川高)は1オーバーパーの37位タイ、昨年の日本女子オープンゴルフ選手権で3位に入りローアマチュアに輝いた永井花奈(JGAジュニア会員)は2オーバーパーで47位タイと出遅れた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約