JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【前半スタートの21組が競技終了。小滝水音と畑岡奈紗が通算-6でホールアウト】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA/Y.Watanabe
小滝水音
2015年度(第57回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技の第2ラウンドは、前半スタートの21組がプレーを終え、通算6アンダーパーで小滝水音(マナGC)と畑岡奈紗(水戸レイクスCC)がホールアウトした。

2アンダーパー8位タイにつけていた小滝は10番ホールからティーオフ。16番からの3連続を含む5バーディ・1ボギーの68をマークした。一方の畑岡は1番ホールからスタート。ボギー発進を喫したものの、4、5番の連続バーディで息を吹き返すと9番でもバーディ。後半のバーディは11番のみと伸び悩んだが、しっかりとパーを積み重ねて、69でホールアウトした。

通算5アンダーパーには新垣比菜(カヌチ
畑岡奈紗
ャG)がつけ、ディフェンディングチャンピオンの蛭田みな美(石川高)も3つスコアを伸ばし通算2アンダーパーで競技を終えている。

なお、すでに22組以降のプレーを定刻11時10分、11時15分にそれぞれティーオフ。第1ラウンドで6アンダーパーをマークして単独首位に立った西山美希(小田原GC松田C)、注目の勝みなみ(鹿児島高)、永井花奈(JGAジュニア会員)、地元北海道女子アマチュアゴルフ選手権優勝の吉本ここねらが明日からのマッチプレー進出32名の枠を賭けたプレーを続けている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約