JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【仲西菜摘が10人中1人の狭き門を突破して32人目の切符を入手】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
10選手によるプレーオフ
1ホール目でマッチプレー進出を決めた
全選手がホールアウトして通算イーブンパーの144ストロークまでの選手が31人となった。マッチプレー進出は32選手ということで、最後の1枚の切符は通算1オーバーパーでホールアウトした10選手によるプレーオフで決められることになった。

1ホール目の10番(パー4)。5選手ずつ2組に分かれてのスタートで、終わってみるとバーディを奪った選手はひとりだけで、意外にあっさりと決着した。さて、ただひとりバーディを奪取したのは2組目の仲西菜摘(オリオン嵐山)だった。沖縄県立宜野座高等学校 1年である。フェアウェイからの第2打、残りは打ち上げの200ヤード。手にしたのは3番ウッドであった。「ちょっと大きい
かな…と思ったのですが」ボールはピンまで1メートルほどに寄って止まっていた。

バーディパットを打つ時には手が震えているのが、自分でもわかった。震えながらストロークする。入った。「入れたというより、入っちゃったという感じでした」。そして、グリーンサイドにいくと、これがただ一人のバーディだったと知らされた。「前の組でも誰かがバーディをとっていると思っていたので、勝ち抜けたとわかって、まさか…でした」

まさか…は、実は第2打でも起こっていた。「3番ウッドは、チョー嫌い。だから練習もしないんです。あのショットは、今日初めてまっすぐに飛んでくれました」

最後の1枚の切符を手に入れたラッキーガールは、マッチプレー1回戦でメダリストの稲見萌寧と対戦することになった。ここでも、まさか…の展開が待っているだろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約