JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【勝みなみは薄氷の思いでマッチプレー進出】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA/Y.Watanabe
本選手権優勝候補の筆頭に上げられ注目を集めている勝みなみ(鹿児島高)だが、第1関門のマッチプレー進出は、薄氷を踏む思いで手に入れた。

第1ラウンドで1アンダーパーとスコアを伸ばせずに終わった勝の第2ラウンドは午後スタート。「午前組の選手がスコアを凄い伸ばしていた」と、今日こそはと意気込んで1番ホールをティーオフしたが、よもやのボギー発進。その後も、チャンスにつけながらパットがホールをかすめつづけ、「え?と思って…これは運が無いな」と前半は1つもバーディを奪うことが出来ず、逆に11番で2つ目のボギーを喫し「今日、2オーバーパーまでいって、ヤバい…これは落ちたと思った」と内心では、マッチプレ
18番でバーディを奪った勝
ー進出は赤信号が灯っていた。

それでも、ここからが勝の真骨頂。12番(パー5)で下り7メートルのパットを沈めて、初バーディを奪うと、14番も下り2メートルを決めて、イーブンパーにスコアを戻す。「途中、焦りはなかったです。ただ、ボギーを打っているから、もう打たないようにと。逆に落ち着けました」と泰然自若なプレーを見せる。最終18番では、4メートルを沈めてのバーディフィニッシュに力強いガッツポーズも飛び出した。

先週からのショットの不調も徐々に改善が見られ、春先に距離感に悩んでいたパッティングも「下りのパットは、打たなくても転がってくれるので、下りは好き」と、上向き加減。それに加え、今日のラウンドでは、「気持ち次第ですね。気持ちです」と、持ち味の気持ちが入った攻めのプレーの大切さも改めて実感した。

本選手権では、メダリストを目標にしてきたが、「それはダメだったので、出るからには決勝までいきたい」と昨年大会ベスト8のリベンジを目指す。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約