JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【ディフェンディングチャンピオンの蛭田みな美は69と巻き返してマッチプレーに】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
第1ラウンドは6番のシャンクで動揺して73とつまずいた蛭田みな美(石川高)だったが、第2ラウンドは69と巻き返してマッチプレー進出を果たし、連覇への夢をつなげた。ヒヤリとさせたのは、2アンダーパーで1番にターンしてからの2番ホールだった。第2打をダフリ、グリーン左の難しいラフに。そこから3メートルに寄せたところまではさすがと思わせたのだが、この3メートルは下りのラインだった。「パーを狙いにいって」オーバーさせ、返しもはずす3パットでダブルボギーにした。これでスタート時の1オーバーパーに戻ってしまった。

蛭田は、ここからスイッチを切り替えた。続く3番(パー3)で5番アイアンのショットを3メ
ートルにつけると、4番ではピッチングウェッジでの第2打を50センチに。さらに5番(パー5)では第2打をグリーンエッジにまで運んだあとのアプローチショットを1メートルに寄せて3連続バーディ。マッチプレー進出への安全圏に入った。

優勝した昨年からの1年間での成長は、アプローチショットの精度アップだという。「昨年までは結果的にうまくいっていた。今は、どうすればうまくいくのか。なぜうまくいったのか、仕組みでわかるようになった。自信の中身というかバックボーンが違うと思っています」。
札幌には、4歳上の姉・彩子さんがいる。酪農学園大学4年在学中で、夕食は父親と姉妹が一緒になっての時間を過ごしている。
マッチプレーでは、1ホール毎の展開に一喜一憂することなく、落ち着いて淡々とプレーを進めていくことを心掛けるという。連覇に向けて、まだ道半ばである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約