JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【メダリストの稲見萌寧はプラス思考で優勝を目指す】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
昨年大会は中学生でマッチプレーに進み、ベスト8に入って本年度大会のシード権を獲得した。高校生になった稲見萌寧(長太郎CC)の本選手権は第1ラウンドが67、第2ラウンドも69と60台の好スコアを並べて通算8アンダーパー。堂々のメダリストとなって2年連続でのマッチプレー進出を決めた。

ピンチで動揺することがなくなった。それが昨年と一番違うところだという。「ミスしても、ホールアウトするまでのどこかでカバーできる気がするんです」。2バーディで折り返した1番では、こんなシーンがあった。ティーショットを左バンカーに打ち込み、第2打もグリーン左のバンカーに。そこからあわやカップインの5センチに寄せて何
事もなかったかのようにパーをセーブした。3メートル前後残したパーパットもなんなく沈めて表情ひとつ変えずに次のホールに向かう。こんなことが何ホールあっただろう。

稲見の精神面を鍛えさせたのは、今春の女子ツアートーナメント、ヤマハレディースでの経験だという。初めてのプロトーナメントで「もう、これ以上ないほど緊張して、息をするのさえ苦しくて、ティーショットでもバックスイングが上がらなくなっていました。あのときは死ぬかと思いました(笑)。でも、緊張は、あの会場に全部置いてこれたようで、以来、“あれに比べれば…”って、開き直れました」

メダリストも意識することなく、スコアも考えることなく、目の前の1打に集中し、打ち終わったらリラックス状態に戻す。その繰り返しで、「結果的にメダリストになっていました」。

中学生だった昨年と身長、体重とも変わっていない(165センチ)。筋肉はついた。その分、飛距離も伸びている実感があるという。
マッチプレーでも「緊張することはないと思います。そんなに打たない(崩れない)と思っていますので。はっきり言って自分はプラス思考です。普通にできればいいし、ピンチになっても、もう一人の自分がなんとかするだろう…と、そんな気持ちで戦いに臨みます」

メダリストになったことで、日本女子オープンゴルフ選手権への出場権を与えられた。この高校1年生は、いま、大きく飛び立とうとしているように感じる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約