JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【稲見萌寧、蛭田みな美らベスト8が決定】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA/Y.Watanabe
稲見萌寧
蛭田みな美
2015年度(第57回)日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は25日、北海道の札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コースでマッチプレー1回戦と2回戦を行い、ベスト8が決定した。

メダリストの稲見萌寧(長太郎CC)は1回戦で仲西菜摘(オリオン嵐山)を3and1、2回戦では青野紗也(ヴィンテージGC)を7and6の大差で下し、早々にベスト8進出を決めた。また、ディフェンディングチャンピオンの蛭田みな美(学法石川高)は地元北海道で唯一人マッチプレー進出を果たした吉本ここね(JGAジュニア会員)、2回戦では新垣比菜(カヌチャCC)をいずれも1upの接戦を制して準々決勝進出となった。

注目の勝みなみ(鹿児島
山内日菜子
勝みなみ
高)はこの日の2マッチとも大苦戦。1回戦では石川明日香(大阪産業大附高)をエキストラホールにもつれ込む一進一退の攻防の末に19Hで破ると、2回戦では昨年の日本ジュニアで優勝争いを演じた畑岡奈紗(水戸レイクス)とのマッチアップ。この試合も、勝が先手を奪いながら、終盤で畑岡に並ばれる嫌な展開に。勝負は18番で畑岡がボギーを叩き決着。勝はストロークプレーから続く薄氷を踏む思いの接戦を制して、最後にベスト8入りを決めた。

なお、明日26日の準々決勝は稲見と山内日菜子(宮崎レイクサイド)のマッチ25が7時、蛭田と高松中央高校の同級生対決を制した王天妤(六甲CC)のマッチ26が7時9分、真田来美(佐久平CC)と佐渡山理莉(オリオン嵐山GC)のマッチ27が7時18分、勝と安田祐香(洲本CC)のマッチ28が7時27分にそれぞれ1番ホールからスタートする。その後、準決勝を行い、ベスト4が決定する。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約