JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【「前に進むほど調子が上向きになっている」と真田来美が昨年を上回るベスト8】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:JGA/Y.Watanabe
「今年の目標は、まず昨年大会のベスト16を上回ること。その上で高校生活最後の日本女子アマなので大きな記録(優勝)を残せたらいいなと思っています」という真田来美(佐久平CC)は、長野県の佐久長聖高校の3年生。冬は雪が多く、ラウンドできないことが多いので「トレーニング中心の練習をしてきました」。50メートルダッシュや長距離走で下半身を鍛え、室内では体幹部強化と関節可動域を広げるメニューに取り組んだという。だから、「最後まで戦い抜く体力は備わっていると思います」。

1回戦は小滝水音(マナGC)を6and4と大差でくだし、2回戦では薮田梨花(奈良県協会)に前半の8、9番連続バーディで2アップとリ
2回戦で力尽きた薮田
ードし、後半も12番で3アップとした後の13、14番を連続バーディに仕留めて5and4と圧勝した。

「クォリファイングラウンドよりも1回戦、1回戦よりも2回戦と、ゴルフの調子がどんどん上向いて、いい内容になっています。もしかしたら、自信を持ってもいいのではないか…なんて勘違いしそうになるくらいショットもパットも好調です」。

2回戦で敗れた昨年の口惜しさが、バネにもなっている。「だから、今年は、まずベスト8というのが最低条件でした」。大会第3日で、真田にとっての当面の目標はクリアできた。好調なゴルフで自信もついた。ここまでの戦いぶりから推察すると、真田が台風の目になるかもしれない。

2回戦で真田に大敗を喫した薮田梨花は、1回戦で中央学院大学2年の金澤志奈を3and2で下す健闘を見せた。

「2回戦の前半は粘ることができたのですが、後半は実力の違いを感じさせられました。でも、マッチプレーにまで進めて満足しています。良い経験ができました。来年の日本女子アマでの活躍を大きな目標にします」と悔いのないさわやかな笑顔が印象的だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約