JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【18番ホールのどんでん返しでベスト8を決めた佐渡山理莉】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:JGA/Y.Watanabe
2回戦 18Hでバーディを奪い追いつく
佐渡山理莉(オリオン嵐山GC)は、マッチプレーに進出した8人の中学生のうちのひとり。沖縄県の緑風学園久志中学の3年生である。1回戦は同学年の植竹愛海(かすみがうらOGMGC)を接戦の末2and1で勝ち抜き、2回戦は西畑萌香(水戸レイクスCC)との顔合わせとなった。

その2回戦は、終盤まで佐渡山ペースで進んだのだが、終盤に思いがけないドラマが待ち受けていた。11番まで3アップのリードが14番で2アップ、16番では1アップ、そして17番ではオールスクウェアと振り出しに戻ってしまった。迎えた18番(パー4)。さらに佐渡山のピンチは続いた。第2打を木に当て、3オンしたもののピンまで8メートルの距
18番3パットで敗れた西畑
離を残していた。一方の西畑は、劣勢から追いついた勢いに乗って2オンを果たしていた。ここからどんでん返しが始まる

佐渡山が、長いパーパットを一発で沈めたのに対して、西畑は3パットのボギーにして、失いかけていた勝利が佐渡山に転がり込んできたのだった。

「後半は、ちょっと疲れがでて、集中力を欠いてしまいました。最後は、ショートだけはさせるまいと思って、強めにヒットしたのが入ってくれました」。

初出場でベスト8進出。準々決勝では「前半でもっとリードを奪って、後半を楽に戦えるようにしたいと思います」と、屈託なく話していた。

終盤の粘りも空しく、最後は3パットで自滅した西畑萌香は「終盤は気合が入って、いいショットもいいパットもあったのですが、最後の最後で自滅してしまいました。自分に対して腹立たしさも、口惜しさもあります」と唇をかんでいた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約