JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【大学生対決の後は中学生との対戦を勝ち抜いた山内日菜子】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
宮崎県のゴルフ強豪校・日章学園高校から山梨学院大に進学した山内日菜子(宮崎レイクサイドGC)、1回戦の相手は早稲田大学3年の鈴木ありさ(矢板CC)。マッチプレーに進出した32選手のうち、大学生は山内、鈴木の他に金澤志奈(中央学院大2年)の3人だけだった。

「どちらがミスするかというゲーム内容で、私の方がわずかにミスが少なかった」と1回戦を3and2で勝ち上がった山内の2回戦の相手は山下美夢有(山東CC)。今度は中学2年生(寝屋川市立第七中学)。

「負けられない…って、1回戦よりプレッシャーを感じました」。それが力みにつながったのか、前半はミスが目立ち、6番を終えて2downと劣勢に
立たされた。落ち着きを取り戻したのは、続く7番で初バーディを奪ってからだった。8番ホールもとってオールスクウェアに。さらに10番で山下がボギーを叩いて、ついに逆転した。13、14番も連続アップして残り4ホールで3アップ。14番では下り8メートルのパットを「いいタッチ、ストローク」で決めたものだった。

流れは、完全に山内に傾いたかと思われたが、ここから山下が粘りをみせた。15番でバーディ。すると16番では山内がボギーにして、山内の1upで残り2ホールとなった。「15番で相手にスイッチが入ったみたいで、こちらは勝利が見え始めて意識してしまいました」

残りの2ホール、実は山内はパーオンを逃している。それでも得意とするアプローチショットでパーセーブを果たし、辛うじて逃げ切った。
昨年のダンロップフェニックストーナメントのプロアマで松山英樹とラウンドした。このとき、松山からアドバイスされたのがパッティングだったという。

「ヘッドの加速が強すぎる。できるだけ同じスピードでストロークするようにした方がボールの転がりが安定するよ…って教えてもらいました」
以来、パッティング練習では、トップでいったん止めてからストロークを開始するように心掛けている。松山から伝授されたパッティングで山内は、さらに上を目指す。

2回戦に進出した16名のうち中学生は3名。ただ一人2回戦で敗れた山下美夢有は「1回戦の方がゴルフの内容はよかった。2回戦は、自分の方にミスが多くて、納得のいくゴルフができませんでした。終盤は開き直って追い上げましたけど、逆転するには、まだ、何かが足りないと思わされました」と、敗戦の弁を残した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約