JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【初出場でランナーアップの王は「まぁまぁいい結果だった」】
第5日 競技報告:JGA
本選手権初出場でランナーアップとなった王天妤(六甲CC)は、そのプレースタイル同様に「初出場なので決勝までいって、まぁまぁいい結果だった」と、6and5で勝に敗れた後のコメントも、冷静なものだった。

決勝戦で先にリードを奪ったのは王。スタートの1番でフェアウェイからの2打目をユーティリティーでピンに絡め、下り傾斜の1メートルを慎重に決めてバーディ。しかし、2番でグリーン奥からのアプローチをミスして、すぐに勝に追いつかれて、そこから試合はこう着状態に入る。しかし、16ホール目のボギーで勝にリードを許すと、勝負が動き出す。「午後はちょっと体力が落ちた」と細身の体でここまで戦ってきた疲れが出た
のか、昨日まで決め続けてきたバーディチャンスも入らない。逆に勝が3連続バーディを奪って、一気呵成にリードを広げると、王が勝に追いつくチャンスは訪れなかった。

「勝さんはメンタルが強いなと思いました。バーディチャンスのパットをたくさん決めてきました。パットが上手い」勝者への賛辞は、王の素直な言葉だ。それでも、初出場でランナーアップを獲得した王のプレースタイルは、これからの活躍を大いに期待させるものだった。「上手な方とたくさん一緒にプレーして、たくさん学べました。自分に足りないのは経験。いろんな場面での経験。一歩一歩しっかり踏み出して、自分の足りないところを埋めていきたい。プロになるだけじゃなく、いい人生としての過程として」そう大人びた目標を語る王の表情はやはり、最後まで冷静だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約