JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【1打差2位タイに小林利治と権純福がつける】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
小林利治
全国大会でも名をはせている小林利治と権純福がともに1アンダーパーでホールアウト。原継雄とともに首位と1打差の2位タイと好スタートを切った。

2007年の日本シニアゴルフ選手権を制した小林は、今年65歳となり本選手権初出場。スタートの10番(パー5)で4メートルのフックラインを沈めてバーディ発進。直後の11番はバンカーショットのミスからボギーを叩く。「今日の前半は、良いショットと悪いショットの両方が出て…力んでしまったのか、身体が突っ込んで右のミスが多かった」とショットの不調があったものの、ピンチをしのぎパープレーでまとめる。後半、4番で2打目をグリーン奥のバンカーに打ち込みボギーが先行す
権純福
るも、5番で2メートル、6番では再び4メートルのフックラインをねじ込む連続バーディとし、2位タイスタートを決めた。「この試合は、2日間で140ストローク台を目標にしている」と日本シニア歴代優勝者は謙虚に語るが、それも、1ヶ月ほど前に腰痛を患い、「3週間はクラブを握れず…医者に通って必死にゴルフが出来る状態まで持ってきた」から。まだ腰には違和感が残るものの、2つ目の日本タイトルを目前にして、「後半に入って、ショットも良くなってきて、そこそこ納得のできる球も打てた」と、気合が入った。広島CC・西条コースは、「グリーン面が見えないホールが多いので、距離感が難しいですよね。特に後半はスコアを伸ばせないでしょうから、そこでどれだけ粘れるかが鍵」と、逆転優勝に向けて、痛む身体に鞭打って明日の最終ラウンドに思いをはせる。

一方の、権は1番からの前半9ホールを全てスコアカード通りのパープレー。スタートの1番では2メートルのチャンスをものにできず、「今日は、嫌な感じだな」という予感通り、「8ホールでパーオンはしましたが、決してチャンスが多かったわけではなかった」と、スコアを伸ばしたかった9ホールは不満が残るプレーだった。しかし、10番(パー5)で5メートルの下りスライスラインをねじ込むと、12番も3メートルを決めて2アンダーパーにスコアを伸ばす。13番(パー3)はティーショットをグリーン右に外してボギーとしたが、安定したショットは、東北シニアを何度も制している実力を見せつけるものだった。これまで何度も日本アマなど全国大会に出場した東北地区の雄は、不思議と日本タイトルに手が届いていない。初の日本タイトル戴冠に向けて千載一遇のチャンスを迎えたが、「明日は、前半のチャンスを決められれば。後半はホールも難しくなりますし。まぁ、ティーショットをフェアウェイに置くことが第一ですね」と、権は冷静だった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約