JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【ノーボギーと安定したプレーが光る田中瑞希が2打差の3位タイに浮上】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
2014年、2015年と九州女子ゴルフ選手権を連覇した強豪、田中瑞希がジワリと順位を上げてきた。

15位タイで第2ラウンドをティーオフした田中は、3番で5メートル、5番で4メートルを沈めて2バーディを奪う。後半も10番で残り190ヤードのセカンドショットをユーティリティーでピンを刺すと、11番でも2打目を5番アイアンで1メートルにつけて連続バーディ。14番も1メートルと好調なショットで5バーディを稼いで67でホールアウト。通算7アンダーパーにスコアを伸ばして、首位と2打差の3位タイにつけた。

「試合でノーボギーは初めてだと思います」と本人も記憶がないほどの安定したプレーに、「ショッ
ト、アプローチ、パット、全部よかったです。ハーフで1アンダーパーが目標なので、今日は100点です」と表情を崩す田中だが、16番では30ヤードのアプローチをシャンクする思わぬミスで、10メートルの距離が残るパーパットをねじ込むなど、決して順風満帆な1日ではなかった。

3度目の日本女子アマで優勝を狙える位置につけても、「まずは10位入賞」と目標は変えていない。先の熊本地震では家族も被災し、1週間の車中泊を強いられた。3連覇を狙った九州女子ゴルフ選手権も会場変更を余技されるなど、想像もできない日々を過ごしてきた。この日本女子アマに出場してプレーができる喜びと、周囲の方々への感謝を胸に、田中は抱いている目標のさらに上を目指してプレーを続けていく。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約