2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【母のおにぎりでスタミナ補給した森田遥】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
3アンダーパーの68と、絶好のスタートを切ったのは森田遥。今大会に向けてしっかり準備を整えていた。2週前の日本女子プロゴルフ選手権での自滅で得た教訓であった。最終ラウンドの前半9ホールを終えた時点では、通算1オーバーパーでトップに立っていた。バックナインでは、急激に暗転していった。2ボギー・2ダブルボギーの42を叩いての自滅であった。

「何がいけなかったのか、じっくり考えてみました。思い当たったのは、ふたつのことでした。ひとつは、スタミナ切れ。もうひとつは、新しくしたドライバーのショットがブレだして、コントロールがきかなくなってしまったことです」ということで、そこからの2週間は、スタミナ
養成のために食べた。「お腹いっぱいの状態から、もうひと押しして詰め込みました。食欲がなくても、無理やりお腹に詰め込みました」。

新しいモデルに切り替えたドライバーショットでも、かなりの数を打ち込んだ。こちらも、食べることと似たような状況を自ら作り出していた。「打ち疲れるぐらい打って、そこから、コントロールをチェックしながら、もう一籠。疲れた状態でも、信頼を失わずにすむだけのものをつかみたかったのです」

ラウンド中は、ほとんど何も口にすることはなかったのに、今大会では、同行した母親お手製のおにぎりを用意していた。「歩きながらも食べやすい一口サイズの小さなおにぎりで、ひとつずつ違う具をいれて作ってもらいました。ちょっとお腹が空いたな…と感じたときに?いえ、それでは遅いんです。空いてなくても、タイミングをみながら食べることで、スタミナ補給をしました」

しっかり準備してラウンドした結果は、4バーディ・1ボギーの68だった。スタートの10番(パー4)こそボギーにしたものの、12番で下り4メートルを沈めると、16番(パー5)でも、6メートルをカップインさせた。1番にターンして4番(パー3)ではティーショットを2メートルほどにつけ、7番では第2打をさらに近い50センチにつけて2バーディを加えた。

「雨で、ラフに入れるとコントロールが効かない状態になるから、厳しいラウンドになる。イーブンパーか1オーバーパーでホールアウトできれば上出来かな…と思っていました。でも、ドライバーはじめ、ショットが思いのほか良くて、想定外の好スコアが出ました。難しいコース、難しいコンディションでしたが、不思議なほど淡々とプレーを続けられましたね」

2013年には、日本女子アマチュアゴルフ選手権を制している森田にとっては、「アマチュア時代にナショナルチームのメンバーとしてもお世話になったJGAの主催ゲームなので、恩返しの意味でも、優勝したい大会です」と、モチベーションを高めている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約