2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【2打差5位タイグループの柏原は「あと、3日ありますから」】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
奇しくも昨年の本大会で、最終ラウンドで優勝争いをした1人、菊地絵理香と同組でラウンドした柏原明日架。思えば昨年の大会で、首位と1打差の2位でスタートし、大接戦を演じたが、土壇場の17番で、なんとトリプルボギーを叩いて敗れた。

その試合後のインタビューで「優勝する人と、出来なかった自分の違いを感じていた。自分は、自分に期待をし過ぎてします。目の前の1打に集中したい」と語っていたことが印象的だった。

その柏原は、2番(パー4)でいきなりボギー。そのとき、ふと我に返った。それが「1打の切り換え」だった。目の前の1打に集中する。過去を引きずらない。むしろ、前向きに1打と向き合う。ということ
だった。

それが、7番からの3連続バーディに繋がったという。7番では、2メートル。8番では、8メートル。9番では、10メートルのバーディパット沈めた。
後半は、耐えるゴルフだった。辛抱強く、チャンスを待つ。ピンチからチャンスにつながることもあるし、チャンスからピンチに陥ることもある。そういうゲームの流れで、自分を失わないことだという気持ちを強く持ち続けた。

「いまの自分の調子が決して万全ではないけれど、自分が、それをうまく底上げしながら戦っていくしかないですからね」と語る。そして、まだ始まったばかり「あと、3日間ありますから」と、焦る気持ち、逸る気持ちを整えてプレーした。

菊地と同じ1アンダーパー。10人の選手が並んでいる。柏原が、この1年間に学んだとすれば、それは満を持すという心構えと、辛抱強さかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約