2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【午前スタートのプレーが終了。アマチュアの長野未祈が通算-4でホールアウト】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
長野未祈
チョンインジ
2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権の第2ラウンドは、午前スタートの20組までのプレーが終了した。

アマチュアの健闘が光る本選手権。第2ラウンドも首位と1打差2位タイにつけていた長野未祈が素晴らしいプレーを見せる。4、7番とボギーが先行したものの、8番のバーディを決めて1オーバーパーで後半に入ると、10、11番で連続バーディ。最終18番も3メートルのパットを沈めて、4バーディ・2ボギーの69でホールアウト。通算4アンダーパーで上位に食い込んでいる。

また、昨年大会の雪辱を期す柏原明日架も1つスコアを伸ばし通算2アンダーパー。10番ホールからティーオフした菊地絵理香は
柏原明日架
前半で3つスコアを伸ばして一時は首位に立ったものの、後半3ボギーで失速。通算1アンダーパーで第2ラウンドのプレーを終えた。

大会連覇の期待がかかるチョン インジは、1バーディ・2ボギーの72と一つスコアを落とし、通算5オーバーパーでホールアウトしている。

そのほかの注目選手では、本選手権最年少出場記録を更新した梶谷翼が通算9オーバーパー。2年連続のローアマチュアを狙った勝みなみは1バーディ・5ボギー・1ダブルボギーと6打スコアを落とし、通算12オーバーパーと後半のラウンド進出は厳しい状況となった。

こちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約