2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【苦戦が続くチョン インジが練習よりも優先したもの】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
第1ラウンドに、4パットのダブルボギーなど、らしからぬスタートを切ったディフェンディングチャンピオンのチョン インジ。浮上が期待された第2ラウンドも、1オーバーパーの72で通算5オーバーパー(43位タイ)と、出遅れ状態が続いた。ホールアウトした後は、報道陣のインタビューを受け、そのままクラブハウス前に足を向けた。そこには色紙や大会キャップなどを手にしたギャラリーの長打の列ができていた。その数、ざっと200人。インジは、ひとりひとりに丁寧にサインペンを走らせ、書き終わって手渡すときには「アリガトウゴザイマス」と頭を下げる。

インタビューでは、エビアン選手権に優勝した後に戻った韓国では「いろ
いろなイベントやマスコミのインタビューなどスケジュールがびっしりでほとんど練習できなかった」と語り、調整不足で日本女子オープンに臨まなくてはならなかったことや、2日間のラウンドで修正すべきポイントが2か所あることに気づいたことなどを口にしていた。すぐにでも、ドライビングレンジに足を運びたかったのであろうが、その前にもっと大切なファンサービスを忘れていなかった。

立ちっぱなしで全員にサインし終わったのは、40分後だった。軽食をとって、足を運んだドライビングレンジ。トップスウィングの位置を、少し深く、大きくするように修正するチェックを黙々と続けた。そこには、ファンに見せた笑顔はなかった。そんなポジションにいようが、まだ2日間ある。そこでトップグループを急襲する態勢が作れるかもしれない。いや、トップ位置を何度もチェックし、飛び去る白球に鋭い視線を向ける姿からは、追撃せずにはおかないという気迫が伝わってきた。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約