2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【首位と4打差5位タイに浮上の飯島茜「明日も今日の感じでやれれば」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
第2ラウンドを終えて通算3オーバーパーの26位タイだった飯島茜は、前半で、4バーディを奪って、32とし、通算1アンダーパーで折り返した。「グリーンが小さいので、基本的にグリーンセンターに乗せておけば、チャンスはあります。おちろん、センターに乗せるにも難しいホールもありますが、我慢しながらやっていけば、ボギーも出ないと思ってプレーしました」と振り返る。いたずらにピンをデッドに狙うには、ハイリスクである。むしろ、グリーンセンターを軸に考えるというゴルフが、いちばんバーディチャンスが巡ってきやすいと判断した。

それに、「ラフから打ってもグリーンは、止まります。凄い飛んで行ってしまうという感じは
しません。今日は、セーフティにいって、コースマネージメントどおりにできました」と言う。よほどショットの精度がいいのだろう。

後半に入って、バーディパットが入らなかった。そして14番では、痛恨の3パット。最終18番で、5メートルを決めてバーディと、スコアが動いたのは、後半は、わずか2ホール。

「3パットのボギーは、もったいなかったですね。悔やむのは、これだけです。でも15番で、渋いパーパットを入れましたから。はい、下りの2メートルちょっとで、外すと行っちゃうようなところで、入ってくれましたから、それで流れが切れなかったのだと思います。ボギーのあとの渋いパーパットは、とてもよかったと思いますね」この日、4アンダーパーの67。通算1アンダーパーの5位タイで最終ラウンドを迎える。

「明日(の展開)は、なにがあるかわからないと思いますね。(スコアを)伸ばさなければいけないので、明日もこの感じでできたらいいですね。追う側なので、差もありますが、明日、やってみなければわかりません。最後(終盤数ホール)に難しいホールが残っているので、そこで攻めていくのは難しいので、その前に伸ばせていければいいかな」と語った。

確かに、飯島の今日のスコアプランは、前半で稼いで、後半は我慢比べ。明日も、この感触でいければ、十分にチャンスがある。

JGA公式フェイスブックはこちら



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約