2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【18番ホールのパーセーブに「自分の成長を感じた」と2位タイの柏原明日架】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
16番(パー3)で8メートルのバーディパットを決めて通算3アンダーパーとして迎えた最終18番。柏原はピンチに立たされていた。フェアウェイキープを優先させて選択した3番ウッドでのティーショットを右ラフに打ち込み、そこからの第2打はグリーン左手前のラフに止まった。水を含んだラフだ。足場も、ボールのライも悪かった。ここからのアプローチショットをピン手前1.5メートルほどに寄せ、1パットで決めてパーをセーブすると小さくガッツポーズを作った。

このパーセーブに柏原は「自身の成長を感じた」と振り返った。「昨年の自分だったら、“絶対に寄せてやる”と無理やり自分を奮い立たせようとしたり、逆に難しすぎるほ
18Hの絶妙なアプローチ
どの状況に諦めが先に立って“ボギーでいいや”と投げやりなに気持ちになっていたと思います。

今日は、そのどちらでもなく、とにかく乗せておこう。もしかすると寄るかもしれないし、寄らないまでも、パッティングでもう一勝負できる状況にすることが大切だと、気負いも、気後れもなく、平常心であの1打に臨めました」

堀琴音が18番ホールでボギーを叩いたことで同スコアとなったが、先にホールアウトしていた柏原が、最終ラウンドは最終組でラウンドすることになった。2年連続の最終ラウンド最終組である。昨年は、スタート前から緊張し、そこから解放されることなく、終盤の17番ホール(パー3)でティーショットを左池に打ち込み、自滅してしまった。

「いま思えば、自分に自信がない分だけ、余計に緊張して押しつぶされてしまったのではないか。そんな気がします。今回は、ショットの調子も上向いてきたし、パッティングも決めたラインにスムーズにストロークできている。

今日は、2ホールで3パット(7、15番)のボギーがありましたけど、乗った場所が難しくて、それがありうる状況でしたから、ダメージはありません。最終ラウンドは、緊張することなく、メンタル、テクニカル両面で思うがまま、ありのままのラウンドができると思います」

自然体。柏原は、新たな境地でのリベンジに臨む。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約