2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【長野未祈の大会史上初のアマチュア優勝は、なるか】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
第2ラウンドを終えて2位。その夜、長野未祈は、なかなか寝つけなかったという。2日間のプレーで疲労感が蓄積されてしまったのか、興奮が醒めなかったのか。ゴルフ競技に出場しているとき、眠りに入る前はイメージトレーニングをするのを常としているそうだ。

18ホールを頭の中でプレーする。前夜は、18ホールでは収まらずに「頭の中で36ホールもプレーしてしまいました」と長野。1番ホールからティーショットをどこに打っていき、第2打で翌日のホールロケーションを想定して、どこに乗せていくかを決めてねらっていく。思い通りのショットで、理想的なラインに乗せたら、パッティングは強めのストロークをイメージして、カップ
の真ん中から決まるシーンを思い浮かべる。そして、次のホールに向かう。最初の18ホールは、3アンダーパーだった。いつもなら、それで落ち着けて、眠りに入っていけるのだが、前夜は、睡魔に見放されたように、頭が冴えてしまっていた。「仕方ないから、また1番ホールからイメージの中でプレーしてしまいました。2ラウンド目ですよね。今度は、4アンダーパーでした。それで、ようやく眠りにつけたのですが、夜中に3回ぐらい目が覚めてしまって。いえ、それ以上のイメージトレーニングはしませんでした。ひたすら目をつぶって、眠りへの誘いがくるのを待ちました」

現在高校1年生の長野が、こうしたイメージトレーニングをするようになったのは、中学生のときからで、イ ボミがやっていると聞いて取り入れたものだった。
さて、バーチャルではなく、現実の第3ラウンド。イメージトレーニングではフェアウェイ中央に打てたはずの1番ティーショットが左ラフに飛び込んだ。第2打がショートし、アプローチショットも寄せ切れずにボギー発進となった。

この日、中嶋常幸が会場に姿を見せた。長野は、畑岡奈紗らとともに中嶋アカデミーの生徒で合宿に参加している。
生徒たちの活躍に、中嶋は居ても立ってもいられずに駆けつけたのだろう。畑岡には「スウィング面では、何も問題ない。自信を持ってプレーしろ」と声を掛け、長野には「最終組のプレーは、考えている以上の緊張に襲われる。そうなると、グリップを強く握りすぎてショットの乱れにつながるから、アドレスするときにグリップ圧に気をつけるといい」とアドバイスしていた。

3番(パー3)で最初のバーディがきた。8番アイアンのショットが4.5メートルに。軽いスライスラインを読み切って、カップに沈めた。続く4番(パー5)は、第3打の80ヤードをピンそば50センチにぴたりと止めて連続バーディ。8番では、グリーン奥のカラー部分からの下りパットが止まりそうで止まらずに反対側のカラー部分まで転がってしまいボギーとなったが、これでスタート時の通算4アンダーパー。後半は2バーディ・1ボギーで通算5アンダーパーでのホールアウトとなった。最終18番のバーディが大きかった。このホールまで並んでいた堀琴音が、ティーショットを左池に打ち込み、ボギーにしたため、2打差がついての単独トップに立っていた。

好きな色は紺、空色だという。史上初のアマチュア優勝へ。最終ラウンドは、コスチュームのどこかにこの色を使った勝負服に身を包んで臨む。就寝前のベッドでのイメージトレーニングでは、勝負服で勝ち切る姿まで思い描くのであろうか。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約