2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【通算-4で畑岡奈紗が逆転。史上最年少記録を更新し本選手権初のアマチュア優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Wanatabe
前年度優勝者のチョンインジよりチャンピオンブレザーを
着させてもらった畑岡
2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権は2日、栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ 二の丸・三の丸コースで秋晴れの中、最終ラウンドを行った。

秋晴れの中でのプレーは、劇的な幕切れとなった。通算5アンダーパーで単独首位でスタートした長野未祈が優勝争いのプレッシャーからかスコアを落とすと、2打差2位タイにつけていた柏原明日架もスタートでダブルボギーを叩いてスコアを伸ばせない。かわって好プレーを見せたのは、堀琴音。堀は3、7番でバーディを奪って首位を奪取。

しかし、11番からの連続ボギーで足踏みする間に、JGAナショナルチームのエースでもある畑岡奈紗が10番、11、12
堀琴音一歩届かず
番の3つのバーディで堀を逆転。堀も14番のバーディで畑岡に追いついて両者が首位タイに並ぶ。この大激戦は、最終18番で畑岡が起死回生のバーディを奪って通算4アンダーパーでフィニッシュ。

一方の堀は、17番で痛恨のボギーを叩き、1打遅れて最終18番に入る。このホール、決めればプレーオフのバーディパットを外した瞬間、畑岡奈紗の本選手権史上初めてのアマチュア優勝が決まった。同時に畑岡は17歳263日で史上最年少優勝記録も更新した。

1打差の2位は堀。さらに1打差の3位に申ジエが入賞した。本選手権をここまで牽引してきた長野未祈は、7つスコアを落として通算2オーバーパーの10位タイ。大会連覇を狙ったチョン インジは通算1アンダーパーで4位タイに終わった。

JGA公式フェイスブックはこちら

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約