2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【チョン インジは見せた勝利への執着】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:JGA
チョン インジが、10番でバーディを奪って、通算2アンダーパーとしたときは、このまま優勝争いの渦の中に入りこんで来るのではないか、というムードが漂っていた。ところが、今日のインジは、パッティングが思うように決まらなかった。

13番でボギーを叩き、攻撃の出鼻をくじかれた。それでも、16番でバーディを奪ったときは、めずらしくインジが、ガッツポーズをした。通算2アンダーパー。まだチャンスはある。難しい残り2ホールで、ひとつ、できれば連続バーディを奪いたい。その17番のティーショットは、左のつま先下がりの傾斜。深いラフに入った。刻むという選択肢もあっただろう。

それでも、インジは、果敢にグ
リーンを狙った。そうしなければ、世界のメジャーで勝ちを奪い取ることができないことを知っているからだ。勝負をかけた。残念ながら、インジの第2打は、グリーン右サイドの斜面に落ちた。難しいアプローチは、ピンをオーバーし、それを外してボギーとした。

インジは、それでも諦めていなかった。最終ホール。2段グリーンの下段。右サイド。手前には池。もちろん池に向かって下っているグリーン面。インジは、ピン奥3メートルにつけた。それを入れれば、通算2アンダーパー。できるかぎりのことをしようと、その距離を狙ったがわずかに外れて、結局パーとし、通算1アンダーパー、4位タイで終わった。

「振り返れば、切りがないことです。第1、第2ラウンドのスコアが悪く、皆さんの期待に応えられなかったのですが、日本のファンの皆様のお陰で、最終的にここまでスコアを上げることができました。もったいない気持ちもありますが、悔やんでも仕方ないですし、そういうタイプの人間ではありません。ただ、前半2日間よりは、ショットも良くなってきていますので、それは満足しています。(アマチュアの畑岡選手の優勝については)実は、彼女のことはよく知っています。お父さんとは、昨日も話しましたしね。TOTOジャパンクラシックには、応援に来てくれると話していました。

日本にも、強い選手が多くいますし、またさらに増えた気がします。ゴルフのとても強い国だと思います」

チョン インジの4日間のプレーが、終わった。優勝こそ逃したけれど、ギャラリーにとっては、多くの想い出を残してくれたと思う。

JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約