2016年度(第49回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【勝負を分けた17番の堀の戦略】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:JGA
悔しさが、溢れ出した。最終ホールで最後のパッティングをし終えると、堀琴音の目頭が潤んでいた。ゲームの流れは、負けていなかったはずだ。第3ラウンドを終えて、首位に立ったアマチュアの長野未祈と2打差で迎えた最終ラウンド。同じ2打差の柏原明日架が、1番でダブルボギーを叩き、通算1アンダーパーと後退。続く2番でバーディを奪ったが、流れに乗れていなかった。むしろ堀は、3番でバーディを奪って通算4アンダーパーとし、首位の長野にプレッシャーをかける勢いがあった。さらに、7番でもバーディを奪って、通算5アンダーパー。逆に長野は、スコアを落として失速していた。

前半を終えて、堀は、トップでターンした。順位
17番で痛恨のボギー
が、目まぐるしくかわる。通算2アンダーパーだった申ジエが、3アンダーパー。チョン インジも10番を終えて通算2アンダーパー。そしてアマチュアの畑岡奈紗も、スコアを伸ばしこの時点で通算2アンダーパー。堀が主導権を握る展開になっていた。けれども、その矢先だ。堀は、11、12番の短い距離のパッティングをペロリと外してしまった。通算3アンダーパーだ。優勝の行方は、痛恨の2連続ボギーで混沌としてしまった。

堀琴音は、最終組のひとつ前。最終組は、柏原とアマの長野。さらに、堀の一組前に、下川めぐみ、飯島茜。そして更に一組前でプレーしているアマ畑岡と李知姫が、スコアを伸ばしていた。李は、なんと11番でホールインワン。この時点で通算3アンダーパーで堀と並ぶ。畑岡も、10番バーディのあと、12、13番をバーディで通算4アンダーパーとして一気に浮上した。堀は、14番でバーディをもぎとり、通算4アンダーパー。この二人を中心に、残り3ホールを迎えた。
先に回っている畑岡が、16番でボギーを叩いた。堀が一歩リードした。それでも、畑岡は、最終18番で素晴らしいバーディパットを沈めて、通算4アンダーパーでホールアウトした。堀が優勝するための目標スコアは、通算5アンダーパーとなった。

迎えた17番。490ヤード、パー5。堀は相性が合うホールだと言っていた。第1打は、フェアウェイをしっかりととらえた。グリーン手前に大きな池がある。そこを越えて、グリーンに乗せなければならない。

「ピンまで220ヤードあったんです。そして池を越えるまで190ヤード強」堀は、迷わずレイアップを選択し、3打目勝負でパー狙いをプランニングした。

「前半は、少しいいプレーができていたんですけど、後半にショートパットを連続して外してしまって……。うーん、ミスヒットですね」と堀は言う。そして、問題の17番については「池に入れてはいけないと思って、刻んだ結果ボギーにしてしまって……情けないですね」と悔しがる。そのとき畑岡とスコアが並んでいることは解らなかったという。「最終ホールで、(ボードを)見て、なのにバーディパット(距離10メートル)を決められなくて残念です」というファーストパットは、あわや、というシーンだった。無情にもカップの淵を通過した。

悔し涙が溢れたのは、そのときだった。「前半の2日間、(畑岡と)一緒の組で回ったんですよ。天才がひとり来たなと思いましたよ。勝つべき人だと。でも、プロが勝たなければいけないと思うので、負けたことは、本当に情けないと思います」試合後、時間が経つにつれて、堀は、その悔しさが、どんどん増幅してきていた。

JGA公式フェイスブックはこちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約