2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【そろってノーバーディだったアダム・スコットと石川遼】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
アダム・スコット
3年連続出場となったアダム・スコットは、松山英樹、石川遼との同組ラウンドを楽しみにしていた。1番ホール。3選手は、盛大な拍手でティーインググラウンドに迎えられた。すでにグリーンまでぐるりとギャラリーに取り囲まれていた。その光景、雰囲気をスコットは「(世界の)メジャー大会と遜色ない」と口にした。
大ギャラリーの輪の中にショットを打ち出す。ひと際大きな歓声が湧く。1番で、いきなりピン1メートルにつけるファインショットが飛び出した。またまた大歓声。それが、悲鳴に変わるのに、それほど時間を必要としなかった。バーディパットは、カップに触ることもなくはずれた。これが、この日のスコットのパッティングを象徴
石川 遼
することになる。ショットは好調なのに、パットが決まらない。ピンチでは、アプローチショットでパーセーブできそうな距離に寄せるのだが、これも沈めることができない。
「スコア(76)が物語るように、タフな1日になってしまった。こんな日は、スコアメイクするためのパッティングが重要なのに、それが決まらずに厳しいスタートになってしまった。ギャラリーのみなさんにたくさんのバーディを見せることができずに残念です」

同様に石川も5ボギー。それが、そのままスコア(75)になってしまった。「アダムと英樹と一緒にラウンドできて、本当に楽しかった。このままずっとやっていたいと思うほど、楽しい時間でした。ただ、英樹しかバーディがとれなかった。自分たちで難しいという雰囲気を作ってしまった」
両選手とも反省の弁が先に立った。第2ラウンドのプレーに話を向けると、また似たようなコメントになった。
「明日は、アンダーパーで回らなければならないタフな1日になると思う。徐々に調子を上げていけば、まだ優勝するチャンスはある。今日、うまくいかなかった点を今晩振り返って修正し、明日に臨みたい」(スコット)
「ラウンド終盤になってドライバーショット、アイアンショットともに良い感じになった。それを明日への好材料にしたい。こんなに素晴らしい環境のなかでプレーする楽しみをギャラリーのみなさんと共有できるようなゴルフを展開したい」(石川)

両選手の第2ラウンドは、今日同様に松山を加えての3人で朝7時35分に10番ホールからのスタートとなる。第1ラウンドをノーバーディに終えた分だけ、明日はバーディの大量生産でギャラリーを楽しませることを期待しよう。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約