2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【1打差2位につけた矢野は「明日以降もシンプルに」】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
練習ラウンドを回って、矢野東は、ひとつの結論を出した。「考えても、悩んでも、どう細工しても、このコースセッティングでフェアウェイをキープするのは、難しいと思ったんですよ。だって僕の技量じゃ、無理だもの。そう思って、ならばそれをネガティブに考えるのではなく、むしろ、何も考えずに、何も(小細工)しないで、シンプルに、ただ狙い所を決めて、フェアウェイに向かって、振ってやろうと思ったら、逆に、うまくフェアウェイをキープしてくれたんですね」と語った。
スタート前も、なんのためらいもなかった。迷いもなかった。昨日決めたことを、そのまま動揺も迷いもせずに実行できた。1番で、フェアウェイをキープしてバーディ
。これでいい。前半でフェアウェイを外したホールは、わずかに2つだった。「ラフに入ったら、出して3打目を1ピンに寄せられたら、パーもチャンスがある。ボギーでも仕方ない」というごくごく単純な思考回路に変えてプレーいたという。
前半は、1、8、9番でバーディ。7番ボギーで折り返した。
「少なくとも、14番まででフェアウェイを外したのは2回。いい結果になりましたよ」と振り返る。
「こういうコースセッティングは、自分にとって(技量が)精いっぱいすぎます。いい意味で開き直れたことが良かったと思います。曲がってもいいから振り切る。フェアウェイしかみないということが、このスコアになったのだと思うんですよね」と明るい表情で語った。
15番でボギーを叩いた後、17番でバーディを奪って、この時点で4アンダーパーとなり、首位のH・W・リューと並んだ。最終組の一組前を回っている矢野のグループは、18番グリーンにやってくると微かにボールが見えるという状態だった。「(先週、最終ラウンドのプレーオフで翌日まで延びた)勇太が言っていたことがよくわかったよ。ほんとにラインが見えなくなるんですよね。2メートル。スライスラインだとメモしていたんですが、やっぱり読みきれずに真っ直ぐ打って外してのボギーでした」
この日の矢野は、そう言いながらもネガティブな発言や表情をしていなかった。それは、自分がどう攻めていくか、どういう精神状態で18ホール回れるかということを、しっかりと決めて、それが達成できたからだ。
「え?明日ですか?そんな展望もなにもありませんよ。もしフェアウェイを外すことが多ければ、それでとんでもないスコアになるわけだし、4日間を読むなんてことは、このコースセッティングでは、無理というものです。ともかく、今日のようなプレー。シンプルに、考えすぎず、小細工せず、空っぽの状態で構えてフェアウェイに向かって打つだけです」
このシンプル、居直り、勇気、決断を持ってプレーすることが、実は、なかなか難しいのである。矢野東は、それを第1ラウンドにやってのけた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約