2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【「ギャラリーの多さも気づかないほど集中していた」とトップに立ったH・W・リュー】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
1万人以上の大ギャラリーが詰めかけた第1ラウンド。トップに立ったのは、韓国のH・W・リューだった。1981年9月生まれの35歳。2012年から日本ツアーに参戦し、同年のコカコーラ東海クラシックで片山晋呉をプレーオフでくだして初優勝を果たしている。堅実なプレーを持ち味にする中堅選手である。
練習ラウンドで「とりあえず、白紙の状態から情報を集めた」という。得た情報は「とにかくラフに入れないこと。ラフに打ち込んだら、ボギーどころかすぐにダブルボギーになってしまう」であった。

第1ラウンド。リューは、ティーショットでのフェアウェイキープを最優先させるゴルフを徹底した。「フェアウェイのどこが最も
広いのか。そのエリアの距離に合わせてクラブ選択をしていった」ということで、ドライバーを手にしたのはパー5の他に2ホールだけで、あとは3番ウッドか5番ウッドで、しっかりターゲットをとらえていった。この作戦が、ボギーなしで4バーディという会心のスコアを生み出した。“会心”というのは、練習ラウンドでの手応えとしては「ハーフで2オーバーパーとか3オーバーパーになることを覚悟しなければならないと思った」からだ。その想定スコアからすれば、今日の4アンダーパーは、8アンダーパー以上に相当する。好スコアというよりは快スコアといった方がよさそうだ。
ラフに入ったのは2ホールだけ。7番と13番だった。7番は、ピンまで80ヤードの地点にレイアップし、第3打を3メートルにつけてパーをセーブした。13番は、グリーン近くまで飛ばしていたのでアプローチショットでグリーンに乗せるのには難しい状況ではなかった。前半で3バーディを奪ってターンするときキャディーと後半目指すべきゴルフについて話したという。「後半は3オーバーパーでもいいから、イーブンパーにとどめておこう」。ということで話はまとまった。「それで、気持ちが楽になり、ようやく緊張も解けたとたんにお腹がすいたと感じた(笑)」

コースには大ギャラリーが詰めかけていたが、「自分のゴルフに集中していたので、それほど多くの人たちがいたことにも気が付かなかった」と、また笑った。第1ラウンドのデータでは、リューのフェアウェイキープ率は78.57で第1位だった。「残る3日間、今日のようなスコアが出るかどうかはわからないけど、第1ラウンドと同じ作戦のゴルフはできる。とにかくフェアウェイキープです!」
単独トップは、戦略に導かれた座であった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約