2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【ドリームステージから出場のアマチュア中島啓太が4位タイスタート】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
昨年の金谷拓実に続いて、今大会も優勝戦線に名乗りを上げそうな有望アマチュアが好スタートを切った。高校1年生の中島啓太である。出場チャンスはだれにでも公平に与えられるべき―というナショナルオープンならではのシステムであるドリームステージに挑み、みごと出場権を獲得して本戦のステージに立った。1番ホールからのスタートで、4番、6番と2バーディを奪ってスコアボードの上位に名前が登場すると、後半は、10番、12番をボギーにしていったんボードから名前が消えかかったが、最終18番ホールでバーディを奪って4位タイと踏みとどまった。18番は、ピンまで185ヤードの距離を6番アイアンで左奥5メートルに乗せ、下りの
スライスラインを読み切ってカップインさせたものだった。
スタート前は「目標はパープレー。5オーバーパーまでならよしとする」と控えめな目標スコア設定だった。「だから、上出来どころか特上のスタートを切ることができました」と、顔をほころばせた。
練習ラウンドでアダム・スコット、松山英樹と同じ組でプレーする機会に恵まれた。「緊張して、練習ラウンドになるのかな…と思いましたが、2番ホールで、松山さんに“緊張すんなよ”って肩を叩かれて。うれしかったけど、余計緊張してしまいました(笑)。二人とも凄いパワーとスピードで飛ばす。僕のボールより20~30ヤード先に松山さんのボールがあって、そこからさらに10ヤードのところがアダム・スコット選手のボールといった調子でした。(飛距離で)差をつけられることは覚悟していましたけど、実際にそれを見せられたときはショックでしたし、萎えました」

そんな中島だったが、「自分のプレーは、ショートゲームでスコアをまとめるスタイル」と、練習ラウンドで萎えた気持ちを切り替えて臨んだ。最終18番でバーディパットが決まった瞬間に沸き起こった大歓声。「もう、最高でした」。この高揚感を何度でも味わいたい。中島に新たな目標が加わった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約