2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【通算-2で李京勲とH・W・リューが首位タイに並ぶ】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
石川 遼
2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権は14日、埼玉県入間市の狭山ゴルフ・クラブで第2ラウンドを行った。連日の好天で速さを増しつつあるグリーンと深いラフにスコアメイクに苦しむ選手が多い中、首位と5打差の15位タイからスタートした李京勲が6バーディ・3ボギーの67をマークして通算2アンダーパーでフィニッシュ。2つスコアを落とした前日首位のH・W・リューと首位タイに並んだ。1打差の3位タイにはC・キムと矢野東がつけ、さらに1打差の通算イーブンパーに本選手権3勝目を狙う片山晋呉と大会連覇の期待がかかる小平智、藤本佳則が後を追う。注目の松山英樹は、ティーショットの不出来に苦しみながらも要所を
アダム・スコット
締めるプレーでこの日パープレーにまとめ、通算イーブンパーで池田勇太、宮里優作らとともに8位タイに順位を上げた。
5オーバーパーの61位タイと出遅れた石川遼は、前半で1バーディを奪うと後半、連続ボギーがあったものの4つのバーディを決めてこの日3つスコアを伸ばし、通算2オーバーパーでフィニッシュ。14位タイに順位を上げて、本選手権初優勝に望みをつないだ。
アマチュアでは、今年の日本アマチュアゴルフ選手権チャンピオンの亀代順哉と、今野大喜がともに通算6オーバーパーの38位タイ。ドリームステージから初めて本選出場の中島啓太はボギーが先行する厳しいプレーで8つスコアを落とし、通算7オーバーパーの46位タイとなっている。

なお、この日カットが行われ、通算8オーバーパーの54位タイ、66名が後半のラウンドへの進出を決めた。第1ラウンドに続き松山と石川と同じ組でプレーしたアダム・スコットはスタートの10番で10メートルのバーディを決めたほか、13番でチップインイーグルを決めて、波に乗るかと思われたがティーショットがフェアウェイを捉えられずに14番でボギー、17番(パー5)では4オン3パットのダブルボギーを喫するなど、ショット・パットとも精彩を欠き、74でホールアウト。通算10オーバーパーで日本オープン3度目の出場で初めてのカットとなった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約