2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【「自分のゴルフが成長している」と連覇を狙う小平】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
ディフェンディングチャンピオンの小平智は、69・71で通算イーブンパー。5位タイで2日間を終えた。その小平が、昨年の優勝から、何が変わったのかを教えてくれた。「昨年の大会では、2日目に10アンダーパーで回ったけれど、今年のコースセッティングやコンディションとは、比較にならないけれど、ただ、あのときは、とても運がよかった。運に恵まれたと思う。アプローチもチップインしたり、奇跡的なことが起こって優勝できたのだと思うんですね」でも、今年は、違う。そういうことなしに、首位と2打差の5位タイで折り返しているというのだ。
そして、実感している。「自分のゴルフが成長しているな、と思います。何が? と聞かれ
ると困るんですけど、ゴルフが大人になったと思う。例えば、最後(18番)のボギー。1年前までの自分ならば、あの場面でダブルボギーを叩いていたと思います」ショットが木に当たったりして、不運が重なり、4オン1パット。そういう最悪の状態でもボギーで収められる自分が居たというのだ。
この大会を前に、小平は「3パットしない。ダブルボギーを叩かない」という目標を立てた。7番で、ダブルボギーを叩いてしまったけれど「ショットが全体的によかったし、大きなダメージを受けるダブルボギーではなかった」とポジティブに解釈している。
「このシーズンオフの間に、自分の弱いところを改善することに専念しました。アプローチ、ショット、パット……全体的にレベルアップをはかって、どうしたら自分のゴルフがイメージ通りにできるかを考えました」と、オフからの課題追求と課題をクリアしていくことに集中した。小平は、自分のゴルフ、大人のゴルフができるように、さまざまな取り組みをしてきた。昨年の「勝負脳の鍛え方」もそうだし、他人の声に耳を傾け、自分のゴルフを太く逞しくすることに余念がない。
「(大会前からの)目標は、パープレーですけど、もちろんアンダーパーにしたいですよね。優勝するには、それが求められますけど、まずは最低限アンダーパーからです」と語る。
明日の組み合わせは、松山英樹だ。この2人のプレーは、見逃せない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約