2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【トップタイはH・W・リュー、李京勲の韓国勢】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
H・W・リュー
第2ラウンドを終えて、二人の韓国人選手がトップに並んだ。H・W・リューは第1ラウンドのリーダー。李京勲は、石川遼らとともに今日のベストスコアタイの67をマークしての浮上だった。
第1ラウンドには、ノーボギーで4バーディと危なげないゴルフを展開したリューだったが、この日は、派手な内容のプレーとなった。10番からスタートしてバーディを先行させたのだが、14番で今大会初のボギーを叩くと、続く15番でダブルボギー、さらに後半にターンしてからの2、3番も連続ボギーにして前日の貯金を全て吐き出してしまった。
「ティーショットのミスが多かった」というのが、苦しいラウンドになった原因だった。15番(パー4
李京勲
)のダブルボギーは、ティーショットに17度のハイブリッドクラブを手にしたのだが、左ラフに曲げた。深い芝生にすっぽりと埋まったボール。そこから6番アイアンで強引にグリーンオンを狙ったのが裏目にでた。ボールは20ヤードほどしか飛ばずに、まだラフに留まった。第3打は、無理をせずにサンドウェッジでフェアウェイに出すだけ。4オン2パットという内容だった。
流れが変わったのは、5番ホールだった。ティーショットは、やはり17度のハイブリッドで、今度はフェアウェイをとらえた。ピンまでは165ヤード。「7番アイアンで軽く打った」というショットは、そのままカップに飛び込んでのイーグルとなった。勢いを盛り返したリューは、続く6番(パー3)もバーディにした。ジェットコースターのようなゴルフだったが、終わってみれば通算2アンダーパーでタイとはいえ、首位の座をキープしていた。

一方、6バーディ・3ボギーの67で追い上げた李は、積極的なプレーが目立った。「できるだけピンに近づけるように狙っていった。ラフにいっても、攻撃的にグリーン近くまで打ち出すようにした」。この作戦は、昨日のプレーの反省から生まれたものだった。「安全にグリーンの広いエリアに乗せていこうとしたのですが、乗った位置からは難しいラインばかりが残ってしまった。だから、今日は、ピン近くを狙って、しかも上りのパッティングラインになるように心がけました。全体的に思ったとおりのプレーができたので、このポジションにこられたのだと思います」
李には、ナショナルオープンへの強い思い入れがある。「プレーヤーとして、ナショナルタイトルは価値が高いと思っているのです」という李。実は、母国の韓国オープンで昨年から連覇している。これに、日本オープンのタイトルを加えようというのが、最大目標である。
「とても優勝したいです。調子も良いので、自信もあります」最後は、きっぱりと断言した。両選手は、第3ラウンドに最終組で直接対決する。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約