2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【松山英樹が圧巻の5連続バーディ。通算-4でナショナルオープン初優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権は15日、埼玉県入間市の狭山ゴルフ・クラブで第3ラウンドを行った。ムービングデーと呼ばれるこの日のプレー、それを体現したのが通算1オーバーパーの8位タイでスタートした松山英樹。2番でバーディを奪った松山は、9番から圧巻の5連続バーディで一気に首位を奪取。16番(パー3)で3パットのミスからボギーを叩いたものの、この日6バーディ・1ボギーのベストスコア65を叩き出し、通算4アンダーパーで単独首位に躍り出た。1打差の2位タイには6バーディ・2ボギーの66をマークした池田勇太がつけ、明日の最終組での松山との組み合わせで、2014年大会以来の本選手権2勝目を狙う。首位タイスタートの李京勲は池田と同じく2位タイと粘り、母国韓国オープンと日本オープンの両国ナショナルオープンタイトルを目指して明日の最終ラウンドに臨む。
通算2アンダーパーの4位タイには本選手権3勝目がかかる片山晋呉。さらに1打差の5位にH・W・リュー。連覇を狙う小平智は終盤の3ボギーが響き、通算イーブンパーで6位につけた。
悲願の日本オープン制覇に14位タイから巻き返しを狙った石川遼は、ボギーが先行する苦しい流れも、ショートゲームとパッティングに冴えを見せて粘りのプレー。最終18番ではグリーン左ラフからのアプローチを直接放り込むチップインバーディでこの日1つスコアを落としたものの9位タイに順位を上げ逆転優勝に望みをつないだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約