2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【連覇に自分で赤信号を灯してしまった小平智の7番OB】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
史上6人目の大会連覇を目指した小平智。3番でボギーが先行したものの粘り強いゴルフを展開していた。夢が遠のいたのは7番ホールだった。ティーショットが狙っていたラインにあった木に当たり、どちらかにはねた。落ちたと思われるあたりまで行ったもののボールは見つからない。行方を見ていたギャラリーからOBラインを越えていったことを知らされ、小平はティーインググラウンドへと打ち直しのために戻っていった。結局、このホールをダブルボギーとして、首位の松山から大きく引き離されてしまった。
「こういう難しいセッティングのコースでマネジメントだったり、自分のゴルフスタイルを貫き通せていたことで、手応えがあったのですが
、あの1打(7番ホール)が木に当たってしまったことで、“今日は、自分の日じゃないんだ”と思わされてしまいました。だから、あの後は、優勝とかではなく、自分の力を見せることに意識を切り替えた」。

確かに、小平は続く8番、9番を連続バーディーにしてOBの分を帳消しにして意地も見せたが、結局、通算2オーバーパーで6位に終わった。この大会の収穫は、他にあった。第3ラウンドに松山英樹と同じ組でラウンドしたことだ。
ジュニアのころから知っているし、学生の競技でも、何度か顔を合わせていました。でも、その頃とは比べ物にならないほど体もゴルフのスケールも大きくなっていて、刺激を受けました。最終ラウンドも、上位陣でスコアを伸ばしたのは英樹だけ。ポンと出て優勝するっていうのは、レベルが高い。やっぱり、世界で戦っている選手というのは、違うなって思わされますよ。自分も、世界で戦いたいという思いを一層強くしたし、見習うところは見習い、負けていないと思えたところは伸ばして、これからのゴルフに繋げていきます」。

小平の次の夢は、世界のステージに立ち、スケールアップしたゴルフで戦うことだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約