2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【李京勲は2位タイに終わるも「来週も優勝争いのチャンスがある」と前を向く】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
第3ラウンドを終えて、首位と1打差の2位タイでスタートした李京勲。昨年と今年、韓国オープンを連覇した実力者だ。「心残りが……。ほんとに心残りですが、自分なりに最善を尽くした結果なので仕方ないです」と落胆していた。5、7番でボギー。9番でバーディを奪ったものの1つ落として後半に折り返した。その後、チャンスにつけながらもバーディが奪えない。
「特に、13番と14番の1.5のバーディパットを外してしまったことが、流れをいい方向に変えられなかった原因です。後半は、ほんとに苦しいゴルフになってしまいました」と言った。
優勝した松山とは、3打差の2位タイで終えた李は「この大会のセッティングは、ラフが長
く、ホールロケーションもとても難しいところに切ってあったので、4日間、最後まで気が抜けませんでした。こういうセッティングだと、アプローチもいいところに寄せても、次のパッティングが安心できませんからね。そういう中での2位タイというのは、嬉しいです。自分としては、来週に向けて、パッティングでの課題が見つかったので、それをしっかり修正できれば、来週も(優勝争いの)チャンスがあると思います」と、この経験が、自分のゴルフに生きたことをアピールしていた。今年25歳。2011年にプロ転向した李は、もちろんアマチュア時代にも輝かしい経歴を持っているし、日本ツアーでも、2012年セガサミーカップで初優勝してから、優勝争いに何度も顔を出している。
今年の日本ツアー終盤戦までの6試合で、幾度か優勝争いをしてくれるかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約