2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
toto
Championship Reports
競技報告
【通算-5で松山英樹が初めてのナショナルオープンチャンピオンに】
第4日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
2016年度(第81回)日本オープンゴルフ選手権は16日、埼玉県入間市の狭山ゴルフ・クラブで最終ラウンドを行った。通算4アンダーパーで2位の池田勇太に1打差をつけて単独首位でスタートした松山英樹は、1番で池田のバーディで追いつかれるも2番でバーディを奪い返して再びリードを奪う。3番でボギーを叩いたものの、池田もダブルボギーでリードを守ると、世界ランキング14位の実力通り、圧倒的な飛距離とアイアンショットの切れ、巧みなショートゲームで後続を突き放す。6番バーディ。7番でボギーを喫した後は連続バーディで後続を突き放す。後半は1つスコアを落とし、この日5バーディ・4ボギーと1つスコアを伸ばした松山は
、通算5アンダーパーでプロとして初出場初優勝を果たした。3打差の2位タイには李京勲と池田勇太が入り、さらに1打差の通算1アンダーパーでH・W・リューが4位。通算イーブンパーの5位に片山晋呉。連覇を狙った小平智は、7番ホールのティーショットがOBとなるダブルボギーが響き、通算2オーバーパーで6位に終わった。

なお、通算6オーバーパーで全体の14位タイとなった比嘉一貴が、今野大喜、ドリームステージから勝ち上がった中島啓太に6打差をつけて初のローアマチュアを獲得した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約