JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【暫定3位タイに順位を上げた安田祐香は「明日は耐えるゴルフ」で新垣を追う】
第2日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
首位と4打差の16位タイにつけた安田祐香(洲本GC)は、強雨の中で1番ホールのティーショットを放っていった。時折コースを吹き抜ける風により横殴りの雨と悪コンディションでのプレーを強いられたが、「土砂降りの雨は嫌いではありません」と意に介せず、3番(パー3)で6メートル、9番では4メートルを沈めての2バーディで前半を終える。

雨もやんで雲の切れ間から日差しも差し込んできた後半には、さらにアクセルを踏んでスコアを伸ばした。12番では1.5メートルを沈めると、14番で3メートル、15番では1メートルとショットもピンを刺して連続バーディ。首位をいく新垣を捉えようと猛チャージを見せたが、再び雨が振
り始めた16番(パー3)でティーショットを右のバンカーに打ち込むと、17番ではティーショットをまたも右にミスして連続ボギーを喫してしまい、後半は1つスコアを伸ばすのにとどまってしまった。

結局、安田は5バーディ・2ボギーの69でホールアウト。通算4アンダーパーは暫定ながら3位タイに順位を上げて明日からの後半のラウンドで逆転を狙える位置につけた。

「自分は第1ラウンドと最終ラウンドが大事だと思っています。最初にオーバーパーを叩けば出遅れた感じがするし、最終ラウンドはスコアを伸ばさないと優勝争いに加われない」と、話す安田。では、ムービングデーと呼ばれる第3ラウンドはと問われると、「崩れないように耐えるゴルフ」と即答した。首位の新垣とは6打差。明日はピンチになっても耐え忍んで、最終ラウンドで優勝争いを演じられる順位に自らを置くことを第一にプレーするつもりだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約