JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【「何かがズレてしまっていた」と伸び悩んだ佐渡山理莉】
第2日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
第1ラウンドに68をマークして好スタートを切った佐渡山理莉(オリオン嵐山GC)だったが、第2ラウンドは72のイーブンパーと伸び悩み、暫定トップの新垣比菜とは6打差と開いてしまった。3バーディ・3ボギー。その内容は「ドライバーショットでバンカーにつかまったり、林に打ち込んだりしたホールがあって、第2打は出すだけになってしまったり、ラフからのショットでピンに寄せられなくてバーディチャンスも作り出せなかった」という。

雨でリズムが狂ってしまったこともあるだろう。数ホールいくうちに「何かが、どこかがズレてしまっているという感じはありました。いろいろと修正を図りはしたのですが、結局原因がわからず、
修正もききませんでした」。

パッティングも、自分では昨日のラウンドと同じように構え、同じようにストロークしているのに、カップ横を通り抜けていく。いわゆる読んだラインが一筋違うというやつだ。こちらも、プレー中には修正しきれなかった。そんなわけで「パーをとるのが精いっぱいというホールをたくさん作ってしまったのが、アンダーパーまでもっていけなかった主な理由です。こういうラウンドになってしまっても、なんとかアンダーパーで終わりたかったのですが…」

残り2日の巻き返しを胸に、雨の中ドライビングレンジに足を向けた佐渡山。修正さえできれば、爆発力もある。追撃していってくれるだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約