JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【「右肩上がりのスコアで追撃したい」と中学3年の平木亜莉奈】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
駐車場の一角に止められた長野ナンバーのワゴン車。それが、平木亜莉奈(長野県御代田町立御代田中)の宿になっている。遠征には母親(正子さん)の運転するワゴン車で出かけている。車内後部は二人が寝られるように改造されている。

「私は、どこででも寝られます。車中泊も便利で快適ですよ。朝早いスタートでも、降りればそこがコースですから、時間的にも余裕があります」。

おおらかなものである。第3ラウンドは、午前10時、最後から2組目でのラウンドだったから、なおさら余裕をもってスタート前の練習もじっくりとこなすことができたという。

スタートの1番ティーショットは左ラフに転がり込んだものの、そこか
ら第2打で落ち着いてフェアウェイに打ち出し、9番アイアンの第3打をピン1メートルにからめてバーディ発進とした。さらに4番ではピン手前3メートル、5番ではピンそば50センチと安定したアイアンショットで連続バーディを奪った。

「この大会、いい感じでプレーできていると思います。自分は、昨日より今日、今日より明日と、右肩上がりのスコアになることを目標にしています。第1ラウンドが71で第2ラウンドは69でしたから、第3ラウンドはそれよりも良いスコアを出したかった」。

10番(パー5)で、この日4アンダーパーとした時点では、目標もクリアできそうな流れだったが、13番(パー3)でグリーンを外したボールが深い芝生に沈み、アプローチショットを寄せ切れなかった。それでも第2ラウンドより悪くはなかった。2日続けての69で通算7アンダーパーは、首位の新垣に4打差の3位タイグループという好位置だ。プレーを終えると、練習グリーンでパッティング調整をし、正子さんの運転で「近くの温泉に連れて行ってもらおうかと思います。ゆっくり浸かって、食事をして、またコースの駐車場に戻って“おやすみなさい”ですね」。

最終ラウンド、3位タイグループでは最初にスコアカードを提出していたことで、最終組でのラウンドが決まった。沖縄対決の中に、この中学3年生が右肩上がりのスコアで割り込んでいく。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約