JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【2打差に追い上げた佐渡山理莉は最終ラウンドの直接対決で逆転を狙う】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
「今日は、自分のリズムでプレーできました」

佐渡山理莉(オリオン嵐山GC)が第3ラウンドにベストスコアの67を叩き出し、71と足踏みをした新垣比菜に2打差まで肉薄した。1、2番を連続バーディでスタートしてその後も5バーディを加えた。ボギーにしたのは2ホールで、第3ラウンドにして新垣との差を一気に4打縮めたことになる。それでも、佐渡山は納得していなかった。

「バーディをたくさんとれましたが、4メートルぐらいのパットが決まっていれば、もっとスコアを伸ばせたと思います。もったいないホールも多かったですから」確かに4、7、15番とバーディパットを決められず、16番(パー3)では、パーパット
を外している。これらのうち半分でも決まっていれば、あるいはトップタイ…ということもあったかもしれない。それでも、67は佐渡山のショットがいかに好調であったかを物語っている。ショットを乱した第2ラウンドとは別人になっていた。

最終ラウンドに最終組で直接対決することになった新垣は沖縄の先輩で、同じアカデミーで腕を磨いてきた。佐渡山は新垣を「比菜ねえね」と呼び、慕ってもいる。

「ずっと近くで見てきて、凄い先輩だと思ってきました。アカデミーで何度も一緒にプレーしていますけど、勝った記憶はありません。いつも負けていました(新垣に聞くと、何度もやられているというのだが)。先輩は、プロテストを受けていて、これが最後のアマチュア競技になると思うので、最後ぐらい勝ちたい。負けてきたことを口惜しいとは思っていませんが、最後は勝ってうれしい気持ちになりたいです」。

打倒・比菜ねえね。昨年大会4位タイ、一昨年大会ベスト4。優勝を狙える位置でのプレー経験は積んできた。次は、優勝。成長した自分を新垣に見せて送り出す。佐渡山は、そんな思いで最後の戦いに挑む。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約