JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【大逆転劇を演じた安田祐香が通算-14で初優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
安田ホールアウト風景
2017年度(第59回)日本女子アマチュアゴルフ選手権は23日、奈良県奈良市の奈良国際ゴルフ倶楽部で最終ラウンドを行った。

通算11アンダーパーの単独首位でスタートした新垣比菜(カヌチャG)は、昨日からのティーショットの不調が続き、スコアを伸ばせずにいると、6、7番で連続ボギーを叩いてしまうと、2打差の2位につけていた佐渡山理莉(オリオン嵐山GC)が逆転して単独トップに立つ。

最終組の2人が膠着状態になっている中、猛追したのが、4打差3位タイにつけていた安田祐香(洲本GC)。安田は前半で3つスコアを伸ばすと、後半も10番でバーディ。12、13番で連続バーディを奪って首位を奪取。最終
入賞者
ホールはイーグルを決めて、この日1イーグル・6バーディ・1ボギーの65を叩き出し、通算14アンダーパーでホールアウト。

逆転を許した佐渡山も最終ホールで意地のイーグルを決めたがあと一歩及ばず、安田が初優勝を果たした。3打差の2位は佐渡山。最後の日本女子アマとなった新垣は、平木亜莉奈(御代田町立御代田中)とともに通算8アンダーパーの3位タイに終わった。

本選手権はジュピターゴルフネットワークホームページに特設サイトでも選手インタビュー動画などを掲載しています。
ジュピターゴルフネットワーク特設サイトは:こちら




その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約