JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【新垣比菜は乱調で「球を打つのが怖かった」】
第4日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
通算11アンダーパーで2位に4打差をつけて初優勝に向けて最後の18ホールに臨んだ新垣比菜(カヌチャG)だったが、2番でボギーが先行するなど、昨日からの不調を引きずって前半からスコアを落としていった。

結局、新垣は3つスコアを落として通算8アンダーパーの3位タイ。初優勝を目前にしながら、思わぬ結果に茫然自失となっていた。

新垣のショットの乱れを象徴するシーンがあった。6番(パー5)でのことだ。ドライバーのティーショットが引っ掛かり、左林方向に曲がっていった。奥にはOB杭が並んでいる。「暫定球を打ちます」と宣して再びドライバーを一閃させると、今度は左サイドを警戒するあまり、プッシュアウ
トとなって右のOBラインを越えていった。「暫定球を打ちます」。これは、セーフティーゾーンをとらえて、ようやくティーインググラウンドから離れられた。第2打地点にいってみると、最初に打った球が林に近いラフに止まっていてくれた。胸をなでおろして第2打に臨んだが、ボールはまたもや左ラフに。第3打も引っ掛かりグリーン左のバンカーに。ピンが近く、しかもバンカーから脱出させても下りラインで止まらない。4メートルほどカップをオーバーしてパーセーブできなかった。

続く7番でのドライバーショットは、またもや左に飛び出してバンカーに。ここからのショットをグリーンオーバーさせて連続ボギーとなった。8番ホールに向かう道。新垣は、キャディをつとめる父親に訴えていた。

「ボールを打つのが怖い」。

第1ラウンド、第2ラウンドと67を連発し、そのまま独走するのではないかとさえ思われた展開。第3ラウンドは71と足踏みした。そして、最終ラウンドは、ショットの乱れでパーセーブもままならず「つらく、悲しい1日になってしまいました。

ショックです。誰かに追い上げられるとか、(佐渡山)理莉に抜かれるとかいう以前の問題を抱えてしまって、それに意識を奪われてしまいました。最後まで修正もきかず、“こんなことで、プロテストは大丈夫なのだろうか…”と心配になりました。ボールを打つのが怖いなんて、どうなっているのでしょう。どうなったのでしょう、私は」。

7月25日にはプロテストのファイナルが待ち構えている。新垣は、そこに向けての立て直しが急務になった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約