JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【安田、西村、古江に追いつき追い越せ…で頑張る上野菜々子】
第3日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
上野菜々子は、ずっと安田、西村、古江を意識してゴルフを続けてきた。「小学生のときから、3人とも仲良しなんですけど、背中ばかり見せられてきました」。
昨年の関西女子アマで優勝し、一矢は報いたが、「それでも3人と自分には差がある。特にパッティングで負けている。練習しても、追いつけないんです」そんなトラウマから解放されるきっかけがあった。昨秋のエリエール女子オープンに出場したときのことだった。ラウンド後の練習グリーンでちょうど近くにプロの鈴木愛がいた。上野は、その練習を見守った。
「3メートルぐらいの距離でカップの四方八方にボールを置いて、いろんなライン、傾斜でパッティングするのですが、全部入れ
るまで続けていらっしゃいました」。
さっそく、普段の練習に取り入れた。全部決めるまで止めない。この練習で、パッティングにかなり自信をもてるようになったというのだ。
ショットには、自信があった。この日、1番で第2打がグリーン手前の木に当たり、手前ラフに止まった。ピンまで20ヤードほどのところだった。ここからのアプローチショットがチップインでバーディ発進となった。5番をボギーにするもすぐに6番(パー5)で取り返す。60ヤードの第3打をぴたりとつけて「お先に」のタップインバーディ。後半は10番でボギーが先行したが、13番(パー4)で173ヤードの第2打を5番アイアンで、またもや“OKバーディ”の距離につけた。
「パットに自信をもてるようになってからは、ショットも積極的に狙っていけるようになりました。自分のゴルフが1段階上がったような気がしています」
首位の吉田に1打差。安田には並んだ(2位タイ)。最終ラウンド。ライバルたちとの勝負の行方にも注目したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約