JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【ショットの不調に苦しんだ西村優菜。「明日は力を出せればいい」】
第3日 競技報告:JGA 写真:Y.Watanabe
ここまで持ち前の安定したプレーで首位と2打差の3位タイにつけていた西村優菜(大阪商大高校)。ムービングデーの第3ラウンドは、生命線のショットの不調にあえいでいた。2番(パー3)でボギーが先行すると、5番でもスコアを落とす。7番でバーディを奪取。しかし、「ショットがすごく悪くて、セカンドショットでグリーンに乗せられず…ずっとアプローチをしている感じで、しんどいラウンドでした」と振り返るのを象徴するかのように、9番(パー5)では、ショートアイアンでの3打目をグリーン奥にこぼしてパーに終わり、前半は1オーバーパー。後半も「チャンスを作れず、バーディを獲る感じではなく、パーセーブに必死だった」と12番
でボギーを喫した西村は、この日1バーディ・3ボギーの74でホールアウト。2つスコアを落として通算3オーバーパー。首位の吉田と3打差の5位タイから逆転優勝を目指すことになった。

逆転初優勝に望みをつないでいる西村だが、「パットももう少し入ってくれればよかったのですが…思ったところに打てていたホールもありますが、ラインの読み違いもいくつかあった」と、表情は今日の天気のように曇りがち。
それでも、「この大会を目標にしてきたので、この差はまだ(優勝を)狙える位置。3打差のビハインドは大きいですが、しっかりと自分のゴルフをして力を出せればいい」と逆転を信じて、パッティンググリーンで最後の調整に没頭していた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約