JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【ディフェンディングチャンピオンの鈴木晃祐は-2の6位】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
ディフェンディングチャンピオンの鈴木晃祐は、3バーディ・1ボギーの2アンダーパー68をマークして、大会連覇に向けてまずまずのスタートを切った。10番ホールからスタートして「前半はチャンスにつけられてバーディパットが入ってくれて」12、13、16番とバーディを奪い、3アンダーパーでターンした。後半になると「パットが入らなかったので、パーでしのぐことが」多くなり、さらに最終の9番ホールでは池に入れるミスでボギーを叩き、2アンダーパーでホールアウトした。

大会連覇については「絶対優勝しなきゃいけない、というプレッシャーはない。普通のプレーができれば結果もついてくる。自分のプレーを貫くことが大事
」と落ち着いている。コースは昨年優勝した時の東コースから今年は西コースに変わっているが「全体的に霞ヶ関の雰囲気は似ている。あまり変わらない。東コースのようにプレーできればアンダーが出るんじゃないか。後半のチャンスでスコアを伸ばして、明日優勝争いができる位置にいきたかった。それでもアンダーパーで回れたのは今後プラスになる。優勝争いができるようにチャンスのところで獲って、耐えるところは耐える」とゲームプランは確立されている。これまで本部門での連覇は8人おり、達成すれば2003年の池田勇太以来15年ぶり9人目の快挙となる。はたして、鈴木は首位の中島啓太をとらえることができるか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約