JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【中尾亮太が通算-4で3位をキープ】
第2日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
中尾亮太は、第1ラウンドで3アンダーパーの67をマークし、首位の中島啓太と3打差の3位タイと「いい位置につけられた。どこまで差を詰められるか」とこの日の第2ラウンドに臨んだ。「アイアンショットが得意」という中尾は、ドライバーショットに好感触を得ていたので、スコアを伸ばせる要素があった。ところがティーショットはフェアウェイのど真ん中をとらえるのに、そこから簡単にボギーを叩いてしまうミスが続く。「生命線という」肝心のアイアンショットが曲がっていて、バーディを獲るどころか「耐えてパーセーブする」しのぐゴルフに終始した。「自分ではまっすぐいった、と思ったショットが引っかかったりして、自分の感覚とスウィ
ングに」差異を生じていた。微妙な差なのだが、それがピンを「攻めていきたいのに、バーディチャンスにつかなかった」結果、自分ではもどかしいゴルフの内容になった。

それでも、この日は1イーグル・2バーディ・3ボギーの1アンダーパー69にまとめ、通算4アンダーパーで首位と3打差の3位をキープした。最終ラウンドは最終組で中島とも回る。中学3年のとき(2015年)には、本競技男子12~14歳の部で中尾が2位タイ、中島が4位と実績を残している。この試合には「勝つことを意識して」準備してきた。絶好の舞台は整った。あとは明日、悔いのないプレーをするだけだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約