JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【杉浦悠太が通算-10で初優勝】
第3日 競技報告:JGA 写真:Yoshitaka Watanabe
2018年度(第24回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳は17日、埼玉県川越市の霞ヶ関カンツリー倶楽部・西コースで第3ラウンドを行った。通算7アンダーパーの単独首位で最終ラウンドをスタートした杉浦悠太(福井工業大学附属福井高校2年)が強風の中で前半をパープレーでしのいだのに対して、1打差2位につけていた中島啓太(代々木高校3年)は4ボギーで優勝争いから脱落してしまう。

かわりに杉浦に迫ったのは、4打差4位でスタートした昨年の男子12~14歳の部チャンピオンで今年本部門初出場の久常涼(岡山県作陽高校1年)。久常は前半で2つスコアを落としたものの、後半5バーディを奪う猛チャージでこの
日67をマーク。通算6アンダーパーでホールアウトして、最終組の杉浦のプレーを待つ。その杉浦は後半、3つのバーディを奪取する盤石のプレーでこの日3つスコアを伸ばし通算10アンダーパーで昨年のリベンジを果たして初優勝を飾った。4打差の2位には久常、さらに4打差の通算2アンダーパーで中島が3位入賞となった。

本選手権の情報は、公式フェイスブックでもご覧いただけます。
JGA公式フェイスブックはこちら

本選手権はジュピターゴルフネットワークホームページに特設サイトでも選手インタビュー動画などを掲載しています。
ジュピターゴルフネットワーク特設サイトは:こちら


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約