JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【中島啓太はスコアを落とし、3位に終わる】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
日本アマ2位2回の実績を持ち、優勝候補と目されていた中島啓太は、前半で4ボギーとスコアを落とし、悲願の日本ジュニアのタイトルを手にすることはできなかった。1番ホールで1メートルもないパーパットをショートして「リズムを悪くしてしまった」。さらに4、7、9番でもボギーを叩いた。ハーフターンした後も11、12番と連続ボギーを叩き、優勝争いから脱落してしまった。「ずっと暗い感じだった」と目標を失いかねなかった。

このまま終わってしまえば、来週出場するアジア大会にも悪影響を及ぼしかねない。「気持ちを切らさず、何かを探して前向きにプレーしたい」と自分でモチベーションを上げるべく心がけた。それが13、
15番とバーディを「2つ獲れたのは次につながる」と折れそうな心を奮い立たせた。

高校3年の彼にとって最後のチャンスだったが、結果は3位に終った。日本ジュニアのトロフィーを手にすることはできなかったが、優勝した杉浦悠太のパッティングを見て「パットからリズムが作れるというのは勉強になった」と得たものもあった。これらの悔しい経験を次のアジア大会、世界アマという大舞台でぜひ活かしてほしい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約