JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【久常涼は追い上げ及ばず2位に終わる】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
昨年男子12~14歳の部で優勝した久常涼が、部門またぎの連覇を狙ったが優勝した杉浦悠太に4打届かず、通算6アンダーパーで2位に終わった。この日は上位を追いかけるべく「先にバーディを獲りたい」と思っていたが、逆に4番ホールでボギーを叩いてしまう。さらに7番でもボギーを叩き、狙いとは裏腹にボギー先行の展開となってしまった。8番でこの日最初のバーディを獲るものの、続く9番でボギーを叩き「苦しい流れに」なってしまった。

その流れを変えたのが10番ホールのバーディだった。12、13番と連続バーディで勢いがつくと、17、18番でもまた連続バーディで、この日3アンダーパー67でホールアウトした。最終組
のスコア次第ではまだ望みがあったが、「後ろもスコアを伸ばしているみたい。プレーオフはない」とさばさばした表情だった。

今回のコースセッティングで「ラフが長く、それでもまだ打ちやすかったが、やはりフェアウェイキープができないと、これから大きな試合では結果がついてこない」とコースマネージメントの重要性を学んだ。この経験を糧に「またこの舞台に戻ってきたい」と来年への思いを強めた。優勝した杉浦が昨年2位に敗れた悔しさをばねに今年優勝したように、これからの1年で彼がどんな練習やトレーニングを積み、再び日本ジュニアでどんなプレーを披露してくれるのか、来年が楽しみだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約