2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【大会4連覇がかかるマークセンは+1のスタートにも「まだ70%ぐらいの確率で優勝できる」】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Yoshitaka Watanabe
マークセンは、スタートの10番ホールでつまずいた。いきなりの3パットのミスでボギーだった。実は、練習ラウンドでショットの調子は取り戻していて、「あとはパッティングだけ」と言っていたのだが、そのパッティングのミスが出てしまった。先週のコマツオープンでは同郷のウィラチャンとのプレーオフ1ホール目で1メートルほどの短いパットを外して敗れている。そこに、ちょっと不安を抱いたまま迎えた本選手権であった。

17番(パー5)でバーディを奪い返してイーブンパーに戻し、後半の1番でもバーディを決めてアンダーパーグループに仲間入りした。このあたりまでは、すっかりペースを取り戻していたかに見えた。ところが、3
番で「フェアウェイのいいところから、第2打をバンカーに打ち込んだのが痛かった」という。「あれで、フィーリングが崩れてしまった。ホールロケーションも難しく感じられるようになって、終盤の2ボギー(6番と8番)につながってしまった」。

4連覇達成に黄色信号か。マークセンは、まだ強気だった。「直すべきところはわかっているから、十分に修正できる。ここから調子を上げていけばいいんだから、まだまだ挽回できる。うん、70%の確率で優勝できると思っているよ」。
出遅れたスタートから、爆発力のあるマークセンは、どう追い上げていくのか。それはそれで、大いなる楽しみではある。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約