2019年度(第29回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
Facebook
Championship Reports
競技報告
【4番ホールでただ一人のイーグルを奪取した崎山武志が6位タイ】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Yoshitaka Watanabe
持病の腰痛に悩まされるシニアツアーの選手は、何人かいる。これも職業病と言ってしまえばそれだけだが、そんな腰痛に悩まされながらも、1アンダーパーの71。6位タイで第1ラウンドを終えた選手がいる。崎山武志だ。10番からスタートし、2バーディ・1ボギーの1アンダーパーで折り返して3番がボギー。痛いながらも、だましだましのプレー。続く4番(553ヤード・パー5)で、なんとイーグルだ。この日、126名の参加選手の中で、イーグルを奪取したのは、4名。ホールインワンが1名。4番では、崎山ただ一人だった。

「イーグルは、久しぶりでした。今季2戦目のノジマチャンピオンカップ以来だと思います」と嬉しそうに語
った。風が右からのフォロー。その右ギリギリを狙ってナイスショット。エッジまで残り230ヤード。3番ウッドを手にして、カット目に打ったボールが、5メートルに寄り、それを沈めてのイーグルだった。このときは、さすがに腰痛を忘れるほどだったが、問題は深いラフである。
「ラフに入れたら辛いですねぇ。シャンクしてしまいましたよ」と辛い表情を浮かべる。無理せずのゴルフが適度なのだけれど、試合に入って、その状況におかれると、気持ちのギアが変わってしまう。それが選手の本能なのだ。
「これでも、腰痛はたいぶ改善されてきているんです。それを頼りに頑張ります」という崎山。首位の谷口とは、5打差。まだまだ混戦状態だ。

残り3日間は、大きく展開が変わってくる。崎山の健闘に期待したい。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約